スノーボードのバスツアーのメリットデメリット

スノーボードはスキー場に行く必要があり、どのスキー場にどのようにして行くか、いくつかの方法があります。


選択肢の一つとして、スノーボードのバスツアーというものがあります。
バスツアーは、最寄り駅、もしくは大きな駅から出発し、目的のスキー場にまで連れていってくれるもので、帰りも出発駅が到着駅となります。

スノーボードのバスツアーは運転する必要がないため、スキー場で思いっきり滑って疲れていたとしても、帰りのバスで眠ってしまうことも可能です。


この点は非常にメリットがあります。
反対に、スノーボードのバスツアーのデメリットについては、まずは出発となる駅が近くにない場合です。


この場合、バスの乗り合い場所まで自分で行く必要がり、電車を利用するのであれば、ボードやブーツ、ウェアなどの全てを持っていく必要があります。


また、出発時刻は早朝になるため、朝は早く出る必要があります。



しかし、その点を除き、運転しなくても良いので、バスに乗ってしまえばあとは目的地のスキー場まで乗っているだけとなります。



また、スノーボードのレンタル割引や1日リフト券、途中のサービスエリアで利用できるチケットなども附属していることがほとんどのため、メリットが多いのも特徴です。


帰りの時間が決められているため、滑り終えて着替えてバスに乗り込むまでの時間を気にして行動する必要はありますが、わりと余裕を持って1日滑ることができるのもメリットと言えます。

日帰りバスツアーについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。